« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

紅葉の詩仙堂、曼殊院門跡から修学院離宮

2013syuugakuinrikyuu01

 28日は兵庫スキー協トレーニング部行事の京都を歩くシリーズで、「洛北修学院離宮周辺ウォーキング」に。寒い一日でしたが、修学院離宮を見学した時間はちょうど晴れて紅葉がきれいでした。写真は修学院離宮上離宮の庭園です。

2013syuugakuinrikyuu03

 修学院離宮の見学は事前予約制で、1回に50人ほどの人数が職員の方のガイドを聞きながら回ります。1周1時間20分ほどで、写真撮影は自由です。上離宮の一番高い所にある隣雲亭の前で解説を聞いているところです。

2013syuugakuinrikyuu04

 上離宮の庭園の池のまわりや島を歩いていきます。

2013syuugakuinrikyuu08

 池の反対側から隣雲亭方面を見たところです。

2013syuugakuinrikyuu06

 中離宮の客殿の庭園の紅葉です。

2013syuugakuinrikyuu07

 中離宮の客殿の内部です。建物の中には入りませんが、外から見えている部分の撮影は自由です。

2013mansyuin01

 ウォーキングのコースは叡山電車一乗寺駅から詩仙堂、鷺森神社、曼殊院等をまわって修学院離宮へ。上の写真は曼殊院門跡の中庭の紅葉です。

2013syuugakuinrikyuu05

 修学院離宮近くの赤山禅院にも立ち寄ります。最後は叡山電車二ノ瀬駅のもみじのトンネルを見に行きました。

山スキークラブMSCどんぐり    桂離宮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山山スキー真砂岳の雪崩

2012masagodake01

 23日帰ってきたら立山の真砂岳で雪崩がおきて7人死亡というニュースが。一緒に行く予定だったメンバーは全員無事ということで一安心。雷鳥沢を上まで登って、雪崩のリスクをさけて尾根状の部分を滑って下りたそうですが、ヘリがやたら飛んでいるので何か事故があったのかなと思っていた程度だったそうです。前日まで雪が降り続いていて、23日は朝から快晴で、室堂で積雪2m40cm。雪崩のあった真砂岳の大走りコースは何回か滑っていて、11月も1回滑ったことがあり、ごく一般的なルートだと思うのですが、降雪直後はどこでも雪崩は起こりうるということで、改めて安全について考えさせられました。写真は昨年11月の雷鳥平から見た真砂岳方面です。
 後日の調査で深さ160cmの所に弱層があったということですが、普段行動中の弱層テストでは1mくらいしかピットは掘らないのでなかなか判断するのは難しいですね。

2012年立山山スキー初滑り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良柳生街道滝坂の道

2013yagyuukaidou01

 今年の立山初滑りは都合で欠席。23日(土)は奈良の柳生街道に行きました。気持ちのいい秋晴れの一日で、円成寺(えんじょうじ)から最初は少し石畳、その後石仏の点在する紅葉の山道になります。

2013yagyuukaidou02

 峠の茶屋手前の集落では軒先で柿やお茶の販売をしていました。以前に来た時はもっと山の中の道で感じが違うとか言っていましたが、峠の茶屋の前の道も舗装されたのはもう20年以上前だそうで、ずいぶん昔の話ですね。

2013yagyuukaidou03

 後半の滝坂の道は石畳の道が続きます。右上にある朝日観音を見ているところです。

2013yagyuukaidou04

 朝日があたる方向に彫られた朝日観音はこんなのです。午後なので日陰になっています。少し下に夕日観音もあります。最後は奈良公園や興福寺の中を通って奈良駅まで歩きました。

春風山岳会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲山荒地山から東お多福山のリンドウ、東六甲縦走路

2013higasirokkou01

 17日は六甲山ロックガーデンから東お多福山のリンドウを見に行く山行。この日は神戸マラソンだったので六甲山はすいているという説もありましたが、ロックガーデン中央稜はやはり人でいっぱい。人の少ない荒地山の岩場を回って行きました。

2013rindou01

 東お多福山のリンドウは時期的にもう遅くて、枯れかけでひからびていましたが、それでも笹の中を探すとあちこちに咲いていました。
 東お多福山からは蛇谷北山(じゃたにきたやま)を登って石の宝殿から東六甲縦走路を宝塚へ。山頂付近はもう紅葉はかなり散ってしまっていましたが、山麓はまだこれからというところです。

去年の東お多福山のリンドウ

春風山岳会   自然のアルバム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西文化の日に辰馬考古資料館、芦屋市立美術博物館+神戸ビエンナーレ2013

2013asiya01

 11月16,17日は関西文化の日ということで関西地区の博物館は入館無料。午前中は車をスタッドレスに履き替えて山スキーの準備。午後から近くの夙川、芦屋の博物館にあちこち行きました。最初はうちの近く夙川沿いの辰馬考古資料館で「縄文文化と土偶展」。次に芦屋市谷崎潤一郎記念館。写真は谷崎潤一郎記念館の入口です。

2013asiya02

 谷崎潤一郎記念館の中庭の庭園です。書斎等が復元されています。他にギャラリーで「赤井雅佳イラストレーション展 本の散歩」もしていました。

2013asiya03

 芦屋市美術博物館は「ゲンビ 現代美術懇談会の軌跡展」と「芦屋の歴史と文化財展」。博物館の一角には小出楢重のアトリエが復元されていて中を見ることができます。

2013hyogoma01

 兵庫県立美術館の関西文化の日のイベントは9・10日で、コレクション展の無料開館や美術館内をまわるツアー等もありました。神戸ビエンナーレ期間中はビエンナーレ各会場を回るシャトルバスも運行されています。

2013kobebiennale01

 ポートタワーから見た神戸ビエンナーレ2013メリケンパーク会場と神戸海洋博物館です。メリケンパークに置かれたコンテナがアート作品の展示スペースです。

2013kobebiennale02

 反対側のハーバーランド方面です。ビエンナーレ神戸港エリアのアート作品は遊覧船に乗って海の上から見学します。

2013kobecm01

 神戸ビエンナーレのついでに神戸市立博物館の「プーシキン美術館展 フランス絵画の300年」にも行きました。ポスターの絵はルノアールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」です。

去年の関西文化の日   神戸観光の日

関西文化の日2014年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧ヶ峰八島ヶ原湿原と水ノ塔山、篭ノ登山

2013yasimasitugen03_2

 11月2~3日は7月に続いて浅間山方面に。2日は午後から霧ヶ峰の八島ヶ原湿原、3日は浅間山の高峰高原から水ノ塔山、篭ノ登山を歩きました。

2013yasimasitugen02_2

 霧ヶ峰の八島ヶ原湿原は一面の草紅葉です。

2013yasimasitugen01

 八島ヶ池の浮島です。奥の山は霧ヶ峰の車山方面です。

2013yasimasitugen04

 木道が整備された一周1時間半ほどの周遊コースです。春や夏の花のシーズンは人でいっぱいですが、この時期は静かです。

2013mizunotoyama02

 宿泊は7月に続いて小諸ユースホステル。小諸の街からは全然離れたキャベツ畑とカラ松林の中です。

2013mizunotoyama01

 小諸YHから見た朝の浅間山剣ヶ峰方面です。

2013mizunotoyama03

 登山口の高峰高原車坂峠から見た八ヶ岳方面。途中の道はカラマツの黄葉がちょうど見頃できれいでした。

2013mizunotoyama04

 高峰高原ビジターセンターに駐車して高峰温泉から水ノ塔山へ。水ノ塔山の途中から見た東篭ノ登山方面です。

2013mizunotoyama05

 東篭ノ登山山頂から見た水ノ塔山と黒斑山、奥に浅間山の山頂が少し見えています。

春風山岳会   自然のアルバム   黒斑山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夙川のサクラタデ、甲山湿原の秋の花

2013sakuratade02

 夙川の川原で見つけたサクラタデです。タデ科イヌタデ属。夙川にサクラタデがあるって聞いていましたが、こんな遊歩道のすぐ横にたくさん咲いているとは思いませんでした。

2013sakuratade01

 花の拡大です。大きさはイヌタデくらいですが、桜のような小さな花が咲きます。

2013mizosoba01

 夙川の川原にたくさん咲いていたミゾソバ。サクラタデはあちこちにポツポツといった感じですが、ミゾソバは大きな群落を作ってたくさん咲いています。花は同じタデ科のママコノシリヌグイみたいですが、棘が少ないのと葉っぱの形が少し違います。

2013senburi01

 甲山湿原第4湿原に咲いていたセンブリです。リンドウ科センブリ属。薬草です。その他、ウメバチソウやリンドウも咲いていました。

春風自然のアルバム   春の甲山湿原   サワシロギク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »