« 京都の時代祭+エルミタージュ美術館展 | トップページ | 国立国際美術館で「エル・グレコ展」 »

東お多福山のリンドウ+西宮船坂ビエンナーレ2012

005s

 毎月第1週は六甲山清掃ハイクとトレーニング山行。今回はロックガーデンから最高峰、東六甲縦走路を歩きました。久しぶりに東お多福山を通るコースを行きましたが、笹原と木もたくさん生えてきて昔のような一面の草原という感じはありません。所々笹を刈ってススキの草原復元事業というのをしていましたが、囲いの中だけススキが生えているという状態でした。

008s_2
 東お多福山の山頂手前の笹原の中でリンドウの花がいっぱい咲いていて群落になっていました。何回も通っている道ですが初めて気が付きました。
 草原復元事業で笹を刈ったのでかくれていたリンドウが見えるようになったようです。

017s

 東六甲縦走路の船坂峠から西宮市の船坂へ下山。今ちょうど開催されている「西宮船坂ビエンナーレ2012」もちょっと見ました。写真は船坂峠の分岐。紅葉にはまだ全然早いです。船坂まで30分ほどの静かな道でした。途中小さなケルン状の不思議な石積みがたくさんありましたが、あれは何なんでしょう。

020s

 「西宮船坂ビエンナーレ」は船坂地区の茅葺きの古民家や棚田に立体アート作品がいろいろ展示されています。メイン会場は旧船坂小学校で、教室や職員室の中にもアート作品が展示されていました。

020s

 棚田に展示されているアート作品と奥に見えているのが2年前に閉校になった旧船坂小学校です。

013s

 旧船坂小学校はメイン会場と本部になっていて教室の中もアート作品になっています。

015s

 パンフレットの表紙になっている前回の作品茅葺きの絆創膏の家は現在は修理中でこんな感じです。

032s

 中に展示されている作品の一つです。

春風山岳会   自然のアルバム   東お多福山のスミレ

2013年東お多福山のリンドウ

西宮船佐kビエンナーレ2014年

|

« 京都の時代祭+エルミタージュ美術館展 | トップページ | 国立国際美術館で「エル・グレコ展」 »

登山・ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55811/56047704

この記事へのトラックバック一覧です: 東お多福山のリンドウ+西宮船坂ビエンナーレ2012:

« 京都の時代祭+エルミタージュ美術館展 | トップページ | 国立国際美術館で「エル・グレコ展」 »