« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

立山山スキー初滑り 2012年11月

117s

 11月23~25日の3連休は恒例の立山山スキー初滑りに。今年の立山は室堂で積雪275cm.。例年は1m前後のことが多いので近年にない大雪でした。24日は冬型の予報に反して途中から快晴に、25日は朝から快晴で雷鳥沢や浄土山山頂からの滑降を楽しむことができました。

024s

 24日(土)は朝のうちは小雪まじりでしたが、雷鳥平まで滑り降りたころから快晴に。1本目は雷鳥沢のあまり人がいない右側の尾根を登ります。

038s

 先行パーティーは右側の急な沢を滑り降りたので、左側の広い尾根がノートラックで残りました。

044s

 雷鳥沢の途中から新雪斜面を滑ります。奥の富山平野は雲海の下です。

048s

 雷鳥平に向かって新雪斜面を滑降開始。

064s

 雷鳥沢を快適に滑ります。

069s

 雷鳥平から見た雄山から続く立山連峰です。たくさんの山スキーヤーやボーダーが来ていましたが斜面が広大なのでまだ新雪斜面はいっぱいあります。この日は雷鳥沢をもう1本登って滑降。2時前頃から再び雪が降り出したので早めにみくりが池温泉に戻りました。

091s

 25日(日)は朝から快晴。浄土沢から浄土山を目指します。

100s

 浄土山から見た立山雄山と一の越方面です。コルに建っている小屋は一の越山荘です。

106s

 浄土山山頂手前で剱岳をバックに。気温マイナス7度、快晴微風で雪はサラサラです。

099s

 浄土山から見た黒部湖の向こう側の針ノ木岳です。

107s_2 
 浄土山の稜線に出ました。うしろは雄山です。

109s

 浄土山から浄土沢へのエントリーポイント。左側の斜面を滑ります。正面に竜王岳と右奥に槍ヶ岳も見えました。

112s

 槍穂高連峰と右側は薬師岳です。114s

 浄土山山頂から浄土沢を滑ります。

116s

 滑降してきた浄土沢の斜面です。

120s

 最後は室堂ターミナルに向かって滑ります。正面奥は奥大日岳。手前の小屋は室堂山荘です。

126s

 室堂ターミナル付近から見た雄山です。
 今回は冬型の予報だったので大雪になると富山県側の高原バスが運休になることもあり、黒部立山アルペンルートのホームページ等でも扇沢側からも検討して下さいとなっていましたが、天気予報で25日も回復すると判断し立山側から入山しました。結果的に23日も25日も問題なく運行され時間も節約できました。労山の気象講習会での勉強がとても役に立ちました。

山スキークラブMSCどんぐり   立山山スキー交流会2012年5月

2009年立山山スキー初滑り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西文化の日に「芦屋市谷崎潤一郎記念館」

001s

 11月17・18日は関西文化の日で関西地区の博物館は入館無料。夕方からちょっと近くの「芦屋市谷崎潤一郎記念館」と「芦屋市立美術博物館」に行ってきました。谷崎潤一郎記念館は初めて。書斎や庭園が復元されています。「井上正三水彩画展」もやっていました。美術博物館との間に小出楢重のアトリエも復元されています。写真は手前が小出楢重のアトリエで左奥が谷崎潤一郎記念館です。

2013年関西文化の日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立国際美術館で「エル・グレコ展」

005s

 大阪中之島の国立国際美術館で「エル・グレコ展」を観てきました。国立国際美術館は初めて。梅田から歩いても15分ほどです。うしろの大きな建物は大阪市立科学館でプラネタリウムとかがあります。美術館は地下にあって、手前の透明の建物が入口です。透明の屋根の建物からエスカレーターで地下の美術館に下りていきます。ルーブル美術館のガラスのピラミッドみたいですね。
 地下1階はエントランスホールで地下2階と3階が展示室です。エル・グレコ展のチケットで2階の「宮永愛子:なかそら-空中空-展」とコレクション展「70年代日本の美術『もの派』を中心にして」も見ることができます。「なかそら展」は撮影自由で内部はこんな感じです。

012s

 「なかそら展」で展示されていた作品の一部です。

010s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東お多福山のリンドウ+西宮船坂ビエンナーレ2012

005s

 毎月第1週は六甲山清掃ハイクとトレーニング山行。今回はロックガーデンから最高峰、東六甲縦走路を歩きました。久しぶりに東お多福山を通るコースを行きましたが、笹原と木もたくさん生えてきて昔のような一面の草原という感じはありません。所々笹を刈ってススキの草原復元事業というのをしていましたが、囲いの中だけススキが生えているという状態でした。

008s_2
 東お多福山の山頂手前の笹原の中でリンドウの花がいっぱい咲いていて群落になっていました。何回も通っている道ですが初めて気が付きました。
 草原復元事業で笹を刈ったのでかくれていたリンドウが見えるようになったようです。

017s

 東六甲縦走路の船坂峠から西宮市の船坂へ下山。今ちょうど開催されている「西宮船坂ビエンナーレ2012」もちょっと見ました。写真は船坂峠の分岐。紅葉にはまだ全然早いです。船坂まで30分ほどの静かな道でした。途中小さなケルン状の不思議な石積みがたくさんありましたが、あれは何なんでしょう。

020s

 「西宮船坂ビエンナーレ」は船坂地区の茅葺きの古民家や棚田に立体アート作品がいろいろ展示されています。メイン会場は旧船坂小学校で、教室や職員室の中にもアート作品が展示されていました。

020s

 棚田に展示されているアート作品と奥に見えているのが2年前に閉校になった旧船坂小学校です。

013s

 旧船坂小学校はメイン会場と本部になっていて教室の中もアート作品になっています。

015s

 パンフレットの表紙になっている前回の作品茅葺きの絆創膏の家は現在は修理中でこんな感じです。

032s

 中に展示されている作品の一つです。

春風山岳会   自然のアルバム   東お多福山のスミレ

2013年東お多福山のリンドウ

西宮船佐kビエンナーレ2014年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »