« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

西宮芦屋灘歴史文化財ハイキング

002s

 今週はいい天気でしたが山スキーはお休み、っていうかこれからの天候しだいではもうお終いかもしれません。スタッドレスタイヤやスキーキャリーも取り外しました。今週は芦屋・東灘の文化財をめぐるハイキングへ。写真は芦屋神社の中にある芦屋神社境内古墳です。石室の中は祭壇になっていて中に入ることはできませんが、墳丘や石室の様子は良くわかります。もう1ヶ所神戸薬科大学の構内にある生駒古墳も見学しました。

003s

 芦屋市北部にある会下山(えげのやま)遺跡は標高200mほどの弥生時代の高地性集落跡。風吹岩への登山道もありますが、いつもロックガーデンや保久良神社の道を使うのであまり通ることがありません。高床倉庫が復元されています。

006s

 今週の自然観察は名前のよく分からない白い花が色々。来週の紅葉谷はWさん、よろしくお願いします。ハリエンジュ(ニセアカシア)の花はもう終わりかけ。ゼンダンやキリの紫の花が咲いています。写真は夙川上流のノイバラ?棘があります。赤紫色の小さい花はナワシロイチゴ?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山富士宮口山スキー

011s

 5月13日は全国スキー協の「平和の日本を願って101人で富士山大滑降」という行事に参加して富士山に山スキーに行ってきました。今年の富士山は雪が多くて5合目の駐車場からすぐ雪の上です。前日までの不安定な天候も一段落して、朝は快晴無風の絶好の登山日和になりアイゼンをつけて雪の斜面を登っていきます。富士宮口は登山口で標高2500mくらいあって、去年の須走口より500mくらい高いですが、道路が夜間通行止めだったりして出発時間が遅かったこともあったので今年も山頂までは行けませんでしたが、いい雪質で雲海に向かって気持ちよく滑ることができました。

014s

 朝のうちは駿河湾の海まできれいに見えていましたが、だんだん雲がでてきて雲海になってきました。

024s

 8合目の鳥居の前で記念写真です。

036s

 雲海に向かって滑ります。

033s

 雲がだんだん上がってきていましたが、滑っている間はちょうど視界がきいて5合目の駐車場まで滑ることができました。5合目についたころから濃霧になり早めに滑って正解だったかもしれないですね。

007s

 前日のキャンプ地の水が塚公園から見た富士山です。

山スキークラブMSCどんぐり
富士山須走口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宍粟50名山「高取山」

003s

 連休後半4日は宍粟市山崎が実家のHさん達と宍粟50名山に。「宍粟50名山~天空回廊1000mの風にのって~」の執筆者の一人のK さんのガイドで駒の尾山から後山(うしろやま)へ縦走の予定で、後山登山口に車をデポしてダルガ峰登山口に向かいましたが日本海側は悪天候の予報どおり千種高原スキー場から激しい雨と風になり、後山の登山は中止。岡山県側のダルガ峰林道をドライブして帰ってきました。
 
南の方は天気が良かったので山崎インター近くの高取山(たかとりさん 490m)に変更。アカマツやアベマキの林の良く整備された登山道ですが、秋は松茸山になるので入山禁止だそうです。山頂からは瀬戸内海や淡路島・四国まで見ることができました。

006s

 高取山登山口の篳篥(ひちりき)神社付近に咲いていたオドリコソウ?
ヒメオドリコソウは都会の雑草ですが、オドリコソウはちょっと珍しい?

010s

 帰りに道の駅「山崎」の近くの「大蔵神社の千年藤」というのもついでに見学しました。

 春風山岳会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北八ヶ岳、蓼科山の春山

012s

 GW前半はのんびり北八ヶ岳方面の春山に。28日朝出発で渋滞にあうこともなく順調に着いたので、午後から麦草峠、白駒池方面を少し歩きました。シラビソやトウヒ等のきれいな森です。

005s

 白駒池はまだ凍っています。

024s

 この日は女神湖の蓼科白樺高原YHに泊まって翌日は蓼科山へ。女神湖畔から見た朝の蓼科山です。

042s

 女神湖はミズバショウやザゼンソウがあちこちに咲いていました。ミズバショウの最盛期は6月ころだそうでまだこれからです。

043s

 ザゼンソウは4月ころが見ごろで、もう終わりかけです。

048s

 最終日は時間があったので立科町の桜の名所に。写真は無量寺の六地蔵と垂れ桜です。蓼科神社の神代杉のまわりでは、石段の片隅にヒトリシズカとかヤブレガサとか山奥のような植物がありました。

 春風山岳会   銀杏峰のザゼンソウ   自然のアルバム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »