« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

白馬コルチナのバックカントリー

007s

 昨年の関西ブロック深雪講習の白馬コルチナスキー場はとても良かったということなのですが、今年は平湯温泉に変わってコルチナの予定がないので年末の冬休みに行ってきました。
 月曜ころまで大雪だったのにすっかり寒波はゆるんで1日目は新雪はなくてゲレンデを確認するくらいになりましたが、夜の間に30cmくらい積もったので2日目はちょっとだけ新雪を楽しめました。それでも新雪パウダーねらいの人がたくさん来ていてすぐに荒れてしまうのでゲレンデでの新雪はなかなか難しいですね。
 ゲレンデトップから裏側
の稗田山南西面はゲレンデ管理外ですが、バックカントリーの雪崩やセルフレスキューの準備ができている人には禁止されてはいないので自己責任で滑ることができます。
 帰りの温泉は「道の駅小谷」の「深山の湯」。道の駅で食事をすると半額の300円でした。露天風呂には雪がいっぱい積もっていていい感じでした。

山スキークラブMSCどんぐり   

2014年白馬コルチナから稗田山裏コル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山連山縦走ハイキング

007s

 25日の日曜日はスキー協トレーニング部行事の中山連山縦走年忘れ望年ハイキングに行ってきました。
阪急電車山本駅集合で、地元山本在住のパッションスキークラブのWさんのガイドで最明寺滝~中山連山最高峰~中山寺奥の院~中山寺のコースを歩きました。風が強くて寒い一日でしたが、冬晴れの快晴で日差しが気持ちよくて、大阪平野の展望もよかったです。駅からも近く手軽な山域でコースも色々とれるのでまた行きましょう。

山スキークラブMSCどんぐり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲山自然の家で納山祭

2011nouzansai01

 納山祭は昔は山の中でテント泊で焚き火をしたりしてやっていましたが、最近は事務所で鍋物を囲んでスライドで写真をみたりということが多くなりました。今年は久しぶりに泊まりで甲山自然の家で行いました。写真もプロジェクターとノートパソコンでデジカメ写真を上映。フィルムスキャナーでデジタル化した昔の懐かしい写真も見ることができました。甲山自然の家は市民は宿泊料500円(食事代は別)なのになかなかきれいでりっぱな施設ですね。

北山ダムから見た甲山の紅葉です。
007s

北山緑化植物園の紅葉
002s

 2日間とも冬晴れのいい天気で甲山や北山ダム、北山公園等の紅葉を楽しめました。北山緑化植物園では花の苗も購入。北山邸の庭園も公開されていましたが、紅葉はいまいちでした。

北山公園のイノシシ
005s

 イノシシに注意という看板があちこちにありましたが、緑化植物園の駐車場あたりでも親子連れのイノシシに会いました。

003s

 お母さんイノシシはちょっと顔が恐い。

北山公園のラクウショウとメタセコイア
017s

 今回の自然観察。北山公園のラクウショウ(沼杉)はメタセコイア(写真の右端の木)と似ていますが、葉はメタセコイアが2列対生、ラクウショウは互生。ラクウショウは水辺に生えることが多いそうで、ここでも幹の周りに呼吸根がたくさんありました。
 その他、バナナみたいな実のカンレンボク、和蝋燭の原料だったハゼノキの実、赤い実のタイサンボク、ナンテン。エノキとムクノキの違い等々を観察しました。

春風山岳会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志賀高原全国山スキー部講習会

003s

 12月10~11日に全国スキー協山スキー部講習会で志賀高原に行ってきました。
 前日金曜日の寒波で20cmくらい積もって一面の雪景色にはなったのですが、横手山スキー場は積雪不足で結局オープンせず、熊の湯スキー場での講習会になりました。熊の湯は人工雪コースと言っても山頂から1300mくらい滑降可能で、いい天気といい雪質で初滑りの講習としては十分滑れました。福田さんの山スキーレベルアップのクラスに入りましたが、まだオープンしていないコースの新雪斜面もちょっと滑れて楽しかったです。恒例の島崎さんのストレッチも面白かったですよ。
 今回は滋賀県や大阪のメンバーと車を乗り合わせて行きましたが、全国から50名の参加で他府県やテレマークネットワークの皆さんとも交流できて良かったです。来年はもっとたくさんで行きましょう。

010s

山スキークラブMSCどんぐり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲山清掃ハイク+アイゼントレ

007s

 12月の清掃ハイクは久しぶりに地獄谷コースでアイゼントレも兼ねて行うことになりました。冬晴れのいい天気で芦屋川の駅前は人でいっぱい。中央稜は行列ができていましたが、地獄谷コースに入っている人もけっこういてアイゼントレ目的の人もたくさんいました。
 雪のない所でアイゼントレをするのは久しぶりですが、途中のボルダーでちょっと岩を楽しんだり、岩稜歩きのいいトレーニングになりました。上の写真はA懸垂岩の裏を登っているところ。このあたりからピラーロック付近まではどこでも登れますが、CLのNさんはアイゼントレのためわざと難しい所を登っているんちゃう。紅葉はまだ遅れ気味でちょっといまいちでした。

ロックガーデン地獄谷
004s

 ロックガーデン地獄谷コースの滝をアイゼンを着けて登っていきます。清掃ハイクの方はアルペン芦山も地獄谷コースだったのでゴミはほとんど残っていませんでした。

006ss

 地獄谷の沢をアイゼンをつけてゴミも拾いながら登ります。

005s

 アイゼンの前爪で小さなスタンスを登るワンポイント練習。

春風山岳会 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南禅寺の三門

007s

 京都市美術館に「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」を見に行ったついでに知恩院や南禅寺の紅葉も見てきました。石川五右衛門で有名な南禅寺の三門にも登りましたが、紅葉はまだちょっと早い感じであまり鮮やかではありません。それにしても秋の京都は人がいっぱいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の赤坂山

013s

 11月27日(日)は春に雨のため行けなかった赤坂山に再挑戦しました。天気予報では快晴だったのに、前日のさわやかな日差しとは変わって雲が広がり視界もいまひとつでした。それでも山頂からはうっすら雪をかぶった伊吹山、奥美濃の横山岳や真っ白な白山も見ることができました。
 
六甲山くらいの標高の山ですが中腹からはきれいなブナ林が続いていて、ずいぶん植生が違いますね。山頂付近の黄葉はほとんど終わっていましたが、下の方のマキノ高原はきれいに紅葉していました。登山道の周りにはイワウチワ?やイワカガミ?らしい植物がいっぱいで春に来たら花がきれいでしょうね。

020s

 赤坂山は30年くらい前に山スキーを初めて最初に行った山です。今回のメンバーも何人か一緒でした。当時はあまり情報もなく手探りしながら始めたような状態でジルブレッタ400ビンディングに登山靴といった装備でした。黒河越えから三国山、赤坂山、寒風山を縦走してマキノスキー場に下りるコースで、登りのシール登高はなかなか順調、山頂付近のオープンバーンも快適に滑れて、けっこういけるじゃん!とか思っていたら、樹林帯の滑りになると密生した林にまったく歯が立たず100回くらいは転んでしまいました。
 それでも、山スキーでそんなに転んだのはその時だけ。何回か行くうちに関西の藪山を小回りで滑るのは得意種目になりました。

019s

 山スキーを始めた1980年ころはジルブレッタ400とかエメリーとかのセイフティ機能付きのビンディングができてきて、登山のアプローチだけでなく滑降を楽しむ山スキーが復活してきて 「山スキーのルネッサンス」 とか言われることもありました。最初は情報もあまりなくて登山靴から始めましたが、山スキー兼用靴ももうできていました。

春風山岳会   山スキークラブMSCどんぐり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »