« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

「山での応急手当」講習会

 23日の祝日は「山での応急手当」の講習会に行って来ました。
心肺蘇生や三角巾の使い方等は、以前にどんぐりでも山スキー講座等で行いましたが、繰り返しやらないとすぐに忘れてしまいますね。
心肺蘇生の手順も以前は1.気道確保、2.人工呼吸、3.胸部圧迫の順だったのが、今は呼吸がない場合はまず胸部圧迫をするように変わってきているそうです。
搬送等のセルフレスキュー的な内容の実技もあってなかなか面白かったです。またどんぐりでもやりましょう。


山スキークラブMSCどんぐり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山山スキー初滑りは雪不足で中止 2011

 11月19~20日は立山山スキー初滑りの予定で、みくりが池温泉も予約していましたが室堂周辺では積雪が全くないということで残念ながら中止しました。
 11日にみくりが池温泉に電話したら雪は全然なくて今も雨が降っていますとのことでキャンセルさせていただきました。これまでも直前まで雪が降らなくてハラハラしたことが多かったですが、こんなに雪が少ないのは初めてです。
 写真は2007年の初滑り。2007年11月23日の雄山の様子です。

2007tateyama02

 18~20日に立山に雪上技術講習会に行った人の話では、19日は大雨でテントの中にも浸水。20日の朝には雪がすっかり無くなっていて、天候も悪かったので早々に帰ってきたそうです。初滑りは中止して良かったですね。
 それでも20~21日の寒波で70cmくらい積もったそうで、23日の祝日には滑れたそうです。山小屋は25日で終わりですが、もう一降りして26~27日の週末は絶好のパウダーだったようです。

山スキークラブMSCどんぐり   2012年立山山スキー初滑り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲山アート自然観察ハイク

018s

 3日の祝日は六甲山油コブシから紅葉谷を有馬へ。途中、六甲ガーデンテラスで「六甲ミーツ・アート2011」のアート作品も見学、「六甲枝垂れ」にも初めて行きました。紅葉はまだ色づき始めたところといった感じ。今回紅葉していたのはドウダンツツジ、ウリハダカエデ、イロハモミジはちょっとだけ。黄葉はイヌブナ等でした。写真は紅葉谷の中間付近です。

015s

ウリハダカエデ
014s

 今回の自然観察は青い実のアオツヅラフジ、赤い実のノイバラ、ガマズミ(食べられます)、シキミ(有毒)、紫の実のムラサキシキブ、ヤブムラサキ(葉っぱがビロードの感触)。シナモンの香りのヤブニッケイ。ノコンギク、イヌタデ(アカマンマ)、ハナタデ(葉っぱに斑紋)、ミズヒキソウ等々でした。

松ぼっくりのエビのしっぽ(ニホンリスの食痕)
007s

 松ぼっくりをリスさんが食べたらエビのしっぽ状の残骸に。
六甲山でニホンリス(ホンドリス)を見たことはほとんどありませんが、エビのしっぽは時々見かけるので結構棲んでいるのかもしれませんね。
今回のリース材料の収穫ははヤシャブシ、エゴノキの実。ヤブムラサキの紫の実。マテバシイのどんぐり。アカマツの松ぼっくり等々でした。

春風山岳会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気象講習会で雲観察

003s

 先週は労山の気象講習会に行ってきました。六甲山記念碑台集合で久しぶりに六甲ケーブルに乗りましたが、今「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011」というのをやっていてケーブル駅にも作品が展示、ケーブルカーの車内にもアート作品がぶら下げてありました。
 最初は記念碑台の県立六甲山自然保護センターで観天望気の雲の観察。朝は雲量1くらいで快晴でしたが、1時間ほどで上層に巻雲?がいっぱい現れてきました。飛行機雲も見えています。
 午後からはラジオ天気図の記入と予測。昔、山を始めた頃30年くらい前は会の集会で天気図を書く練習をしたりしましたが、実際に書くのは久しぶり。それでも2回目には結構うまく書けました。

春風山岳会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »