« 春の銀杏峰は花盛り | トップページ | 中央アルプス木曽駒ヶ岳山スキー »

富士山須走口山スキー

006s

 全国スキー協スキー発祥100年富士山滑降は大震災の影響で来年に延期。今年の富士山は全国山スキー部で下見を兼ねて行われました。地震のため富士宮口の道路が通行止めのため急遽須走口に変更。雪は少なめでしたが、快晴微風の絶好の登山日和で快適な滑降が楽しめました。全国から47名の参加で他府県のメンバーと交流もできました。
 写真は須走口5合目駐車場から出発するところです。

007s

 最初は雪のないブル道。約1時間半弱、2340mあたりから雪の上になりました。地元御殿場市からの参加者の話では今年は今までで一番雪が少ないそうで、雪の多い年は5合目駐車場まで滑れたこともあったそうです。

010s

 アイゼンを着けて雪の上をさらに登ります。

022s

 12時半で約3300m地点で終了。1時前には滑降開始。須走口は富士宮口より登り始めの標高が500mくらいは低いので、このくらいのペースなら来年は頂上まで行けそう?

017s_2

 滑り始めの斜面です。

030s

 ずっとザラメの滑りやすい雪で最後まで快適な滑降を楽しめました。

032s

 最後はまたブル道を下って終了。

 富士山富士宮口山スキー 
 山スキークラブMSCどんぐり

|

« 春の銀杏峰は花盛り | トップページ | 中央アルプス木曽駒ヶ岳山スキー »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55811/51761779

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山須走口山スキー:

« 春の銀杏峰は花盛り | トップページ | 中央アルプス木曽駒ヶ岳山スキー »