パウダーフェスin乗鞍高原

Dsc08339s

1月8~10日の連休は全国スキー協山スキー部の山スキー研修会が今年から名前が変わった『パウダーフェスin乗鞍高原』です。3日間ともいい天気でパウダーはあまり残っていませんでしたが、久しぶりに山スキーリーダー研修に参加して、雪崩ビーコンやセルフレスキューの雪上での練習ができました。

Dsc08343s

快晴で乗鞍岳もきれいに見えています。

Dsc08345s

簡易雪洞を作る練習をします。

Dsc08346s

| | | コメント (0)

甲山湿原の自然調査2021年12月

Dsc08312s

 甲山湿原の自然調査は11月からようやく再開して、12月は開会2回目です。紅葉ももう終わりかけですが、第4湿原ではまだウメバチソウも残っていました。

Dsc08315s

 甲山湿原観察園のヤクシソウがまだ咲いていました。

Dsc08318s

 第4湿原のウメバチソウの花と実。

Dsc_0517-79

 観察園のオケラは実になっていました。

Dsc_0517-37

 サネカズラの実。

| | | コメント (0)

雪崩ビーコントレ2021

Dsc08301s

 11月28日(日)は山スキーシーズンはじめの恒例の雪崩ビーコン練習会です。六甲山ロックガーデンで雪崩ビーコン探索の練習とセルフレスキューのロープワークやツエルトの使い方の復習をしました。恒例のきのこ汁はコロナの影響で中止になりましたが、いい天気になり日向では暖かくて気持ちのいい一日でした。紅葉にはちょっと早かった感じです。

Dsc08290s

 高座谷の第2堰堤で雪崩ビーコン探索の練習をします。

Dsc08291s

 雪崩ビーコンはほとんど3本アンテナのデジタル機になりました。ピープスや最近はマムートを持っている人が多くなりました。

Dsc08305s

 最後は保久良神社から岡本へ下山します。紅葉にはまだ早い感じでした。

 

| | | コメント (0)

箕面の滝道の観察会

Thumbnail_dsc_9902-46

 11月27日(土)は西宮自然保護協会の11月月例観察会で箕面駅から箕面の滝までを歩きました。紅葉のほか、シダ植物やタマミズキやサネカズラの実も観察しました。最後は箕面昆虫館にも寄りました。

| | | コメント (0)

甲山湿原の自然調査2021年11月

Dsc08273s

 甲山湿原の自然調査はコロナの影響でずっと中止が続いていて、緊急事態宣言が解除された後もなかなか再開されませんでしたが、11月からようやく再開しました。秋の花ももう終わりかけですが、第4湿原ではリンドウの他、センブリやウメバチソウ、スイラン、ミミカキグサ等もまだ咲いていました。

Img_0988s

 第1湿原のリンドウ。

Dsc08197s

 第4湿原のセンブリ。

| | | コメント (0)

野崎観音から飯盛山

Dsc08261s

| | | コメント (0)

妙法寺から横尾のじぎくの丘

Dsc00583s

| | | コメント (0)

六甲ミーツ・アート2021

Dsc08229s

六甲ビジターセンター前の広場にもサンショウウオ型のアート作品が。

Dsc08240s

| | | コメント (0)

紅葉の赤谷山

Dsc08214s

| | | コメント (0)

杣谷のダイモンジソウ、アケボノソウ

Img_0916s

 10月になって緊急事態宣言も解除されたので、久しぶりに山行も再開です。4日はクシュカの皆さんと杣谷(カスケードバレイ)から穂高湖、徳川道に。杣谷ではダイモンジソウやアケボノソウも見ることができました。


Img_0928s

アケボノソウ

Img_0924s

アキチョウジ

Img_0934s

カワミドリ

 

| | | コメント (0)

夙川オアシスロードのキンゴジカ(金午時花)

Dsc08131s

 網引湿原の観察会の時に教えてもらった外来植物のキンゴジカ。うちの近くの夙川オアシスロードにも咲いていました。キンゴジカ(金午時花)の午時は午の刻(うまのこく)のことで午前11時から午後1時ころまで。そのころだけ咲いているので午時花だそうです。確かに写真は11時半ころですが、午後2時ころに通った時にはもう花は閉じていました。

| | | コメント (0)

東お多福山のテイショウソウ

Img_0889s

 

 

| | | コメント (0)

«全国スキー協山スキー部会はZOOMで